ベトナムコーヒーの作り方!特徴的な入れ方や練乳を入れるコーヒーとは?

あなたはベトナムコーヒーを飲んだことがあるでしょうか?

ベトナムコーヒーは深煎りのコーヒー豆をフランス式ドリッパーでゆっくり抽出したものに練乳をたっぷり加えた伝統的なコーヒーのスタイルです。

 

コーヒーそのものを指してベトナムコーヒーというのではなくベトナムの歴史背景や文化全体を含めてベトナムコーヒーと総称されます。

サンマルクコーヒーやタリーズコーヒーのメニューにはベトナムコーヒーをモチーフにした練乳コーヒーもあります。

黒と練乳の白のコントラストが目にも美味しいベトナムコーヒーを写真でご覧になった方も少なくないはずです。

 

ベトナムコーヒーの歴史、特徴、淹れ方などを知ってぜひ1度試してみてください。

ベトナムコーヒーとは?コーヒーに練乳を入れて飲む独特な飲み方

ベトナムコーヒー

 

現在ベトナムはコーヒー生産量がブラジルに次いで世界2位のコーヒー大国です。

今でこそ街中のいたる所にカフェがありますが、ベトナムにおけるコーヒーの起源は古くは17世紀から18世紀にかけてで、ポルトガルなどの宣教師が布教の際に持ち込んだとされます。

 

その後フランスによりベトナムは植民地とされ、中部高原の土地の気候がコーヒーの栽培に適していることからコーヒー栽培が大規模で始まりました。

ベトナムで主に栽培されたのはロブスタ種でそのままでは味が強烈で飲みにくい為、なんとかして美味しく飲めないかと考えた末にこの飲み方が編み出されたのです。

 

口当たりはとても濃厚で、一気に飲み干すというよりは時間をかけてゆっくり味わう飲み物で、練乳を入れることにより苦みが和らぎ保存性も増します。

 

日本茶やブラックコーヒーの清涼感に慣れた日本人の舌にはとても甘く感じてしまうかと思います。

しかし海外ではお茶というものは疲労回復の役割を担っていて砂糖をたっぷり入れて飲むのが主流です。

例えばインドのチャイも砂糖がふんだんに使われています。

砂糖自体が高級品の為、それを摂取することで栄養と同時に贅沢な気分も味わえるのです。

 

ベトナムコーヒーの作り方!ベトナム式コーヒーフィルターも値段が安い

ベトナムコーヒー

ベトナムコーヒーはお外で飲むイメージかもしれませんが、お家でも気軽に淹れることができます。

紙フィルターでも勿論淹れることができますが、専用のフィルターを使って淹れる方が美味しく比較的安価に購入できますのでぜひお試しください。

 

ベトナムコーヒーを作るのに必要なもの

  • ベトナム式コーヒーフィルター
  • カップ、耐熱性グラス
  • コーヒー豆(深煎り)(15~20g)
  • 練乳
  • お湯(100~150cc)
  • 軽量カップ

 

ベトナムコーヒーの作り方

  1. お好みの量の練乳をグラスの底に入れます。
  2. フィルターに挽いた深煎りのコーヒー豆を入れ、その上に中蓋を落とし、豆をギュッと押さえます。
  3. グラスに2のフィルターをセットしお湯を少し注ぎ、30秒ほど蒸らします。
  4. ゆっくりとお湯を注いで上蓋をしてコーヒーが抽出されるまで5分ほどゆっくり待ちます。
  5. ホットの場合はそのまま、アイスの場合は氷を入れて完成です。

 

ポタポタとコーヒーが抽出される様子や異国情緒溢れる甘い香りにとても癒されますよ。

 

 

世界のコーヒー豆の中でベトナムコーヒーに使われている種類

コーヒー豆

 

ロブスタ種…インスタントコーヒーや缶コーヒーなどに使う香りがなく苦みが強い豆です。ベトナムコーヒーのほとんどがロブスタ種で作られます。

 

アラビカ種…世界のコーヒー豆の7割を占め、日本人が普段飲む機会の多いのがこのアラビカ種で酸味が強いのが特徴です。ブルーマウンテン、コナ、キリマンジャロ、サントス、マンデリンなどがこれに当てはまります。

 

リベリカ種…ベトナム、フィリピンで生産される品種ですが、収穫量が少ない為市場にはなかなか出回りません。

 

 

ジャコウネコのフンから取れる最高級コーヒー(コピ・ルアク)とタヌキコーヒーとは?

コーヒー豆

 

世界で一番高いコーヒー豆を知っていますか?

ブルーマウンテンを凌いで最高級コーヒーの代名詞になったインドネシアのジャコウネコのフンから取れるコーヒー(コピルアク)がコーヒー好きの間で大変貴重なものとされています。

 

完熟したコーヒーチェリーを好んで食べるジャコウネコが生み出す特有の香りとバニラの様な甘さを持つコーヒーで大変貴重な為、現在では偽物や混ぜ物も多く100%コピルアクを使用しているとは限らないそうです。

またジャコウネコの飼育環境が劣悪さからコピルアクの生産に疑問を呈する人や団体も数多く存在するのも事実です。

 

そんなコピルアクと同じぐらい貴重なコーヒーがベトナムにも存在して、タヌキコーヒーと言われ大変貴重なものでした。

昔、とあるベトナムの農園のコーヒーの実がこともあろうに大切な訪問客に出す日にタヌキに食べつくされてしまいました。

そこでタヌキの糞からコーヒー豆を取り出し綺麗に洗って焙煎して飲んだところそれはそれは美味だったという伝説があります。

 

今となってはタヌキコーヒーはとても希少な為、滅多に市場に出回ることがなくなったそうです。

そんなタヌキコーヒーを人工的に再現したものがベトナムコーヒーには存在しコピルアクにも似た独特のキャラメルの様な風味を感じることが出来とても美味しいです。

 

ベトナムコーヒーはロブスタ種、アラビカ種、リベリカ種などを企業、店独自のブレンドをし、焙煎したコーヒー種にバター、ヘーゼルナッツ、魚醤やバニラで香りをつけたものが多いとされ、非常にバリエーションがあります。

 

ベトナムコーヒーの特徴のある香りや濃厚な味わいを楽しもう

ベトナムコーヒー

ベトナムコーヒーはカフェなどのお店ではなかなか飲むことのできないスタイルのコーヒーですが、淹れ方も簡単でドリッパーも安いので、ぜひおうちで楽しんでみてください。

ベトナムコーヒーに使用するコーヒー豆もフレーバーが付いたものがたくさんあり、ヘーゼルナッツの香りなんかはとてもいい香りで楽しめます。

練乳を入れて飲むことで現地の味わいを再現することもできるのでぜひ試してみてください。

行列のできる香り高いコーヒーを毎月ご自宅で