「カフェ・コレット」はイタリアで人気のエスプレッソコーヒーとグラッパを使ったカクテル

イタリアでは、コーヒーといえばエスプレッソのことを指し、毎日バールに立ち寄り何回もエスプレッソを飲むのが習慣です。

イタリア人はエスプレッソに溶け切れないほどの砂糖を入れて甘いエスプレッソを飲んでいます。

 

今回はそんなエスプレッソの本場、イタリアでよく飲まれているエスプレッソコーヒーとグラッパを使ったカクテルのカフェ・コレットをご紹介したいと思います。

エスプレッソを使った風味豊かな濃い味はやみつきになりますよ。

 

エスプレッソコーヒーについて

関連記事

多くの来客がある中で、いつもインスタントのコーヒーでは物足りないと思っていても、何を出したらより喜ばれるのか?来客にどんな飲み物を出すか迷っている方におすすめしたいのは、エスプレッソコーヒーを出すことです。 […]

 

行列のできる香り高いコーヒーを毎月ご自宅で



 

エスプレッソコーヒーとグラッパを使ったカクテル「カフェ・コレット」とは?

エスプレッソ

 

カフェ・コレットはイタリア発祥のカクテルで、エスプレッソに少量のお酒を混ぜて飲む飲み方をします。

お酒はブランデー(ブドウの蒸留酒)やサンブーカ(イタリア産のハーブ系のリキュール)などさまざまなお酒が使われるようですが、今回はおすすめのイタリアのお酒、グラッパを使ったカクテルをご紹介します。

 

イタリア特産でブランデーの一種であるグラッパとは?

グラッパとはイタリアではよく飲まれている蒸留酒で、ワインを作った後のぶどうの搾りかすから作られます。

度数はかなり高めで30度から60度くらいのものまであります。

 

キリッとしたアルコールの中にフルーティーなぶどうの香りを残したこのお酒はエスプレッソによく合います。

イタリアではグラッパは食後酒として飲まれることが多く、イタリアン・レストランには欠かせない飲み物です。

 

エスプレッソとグラッパを使ったイタリア本場のカクテル・カフェ・コレットの作り方

<材料>

エスプレッソ約30cc

グラッパ適量

<作り方>

  1. カップにエスプレッソを淹れます
  2. グラッパを適量注ぎます
  3. お好みでホイップクリームを浮かべてもおいしいです

 

グラッパを入れるタイミングも人それぞれでだいたい3バターンに分かれます。

  • 初めにエスプレッソに少量のグラッパを入れ、少しずつグラッパを足しながら味わう飲み方
  • エスプレッソを半分飲んでから減った分量のグラッパを足して味わう飲み方
  • 飲み干してエスプレッソの香るカップにグラッパだけを入れて底に沈んだ砂糖を溶かしながら楽しむ飲み方

いろんな飲み方のレパートリーがあり自由に楽しめることがうかがえますね。

 

あるお店では、エチオピア産のコーヒー豆で作ったエスプレッソにグラッパを入れてアイスで飲む少し変わった飲み方で提供しているそうです。

 

エチオピア産のコーヒー豆は、フルーティーさや、華やかな香りが際立っているのでグラッパのぶどうの香りに非常に合うのでアイスで飲むカフェ・コレットもおすすめです。

エチオピア産の豆を使っているというのが一番重要なんだそうでエチオピアの豆とグラッパのマリアージュはとても格別なものです。

 

イタリアでは毎日コーヒーを飲む!気分転換におすすめのエスプレッソ

エスプレッソ

 

イタリア人は一日に何杯もエスプレッソを飲むのが習慣です。

 

バールという立ち飲みのお店で朝に一杯、休憩になればまた一杯、と多い人では一日に5,6杯飲むのも普通だとか。

バールにはカウンターに常時最低2人のスタッフの方がいて、ひとりはバリスタ、もう一人はバールマンと呼ばれます。

 

バリスタはエスプレッソなどノンアルコールの飲料を扱う人、バールマンはグラッパや他のアルコール飲料を扱う人で役割分担がされているのですね。

バールマンはアルコールのことだけでなく、食事ややお店全体の業務をこなす人を指します。

バリスタの中でもお店の業務に通じている人は「バールマン」と呼ばれることを喜ぶ人もいるくらいだそうです。

 

バールは食事やデザートなども扱われていて、街のホットステーションのように近所の人達の憩いの場もかねているようです。

バリスタやバールマンはお客さんのその日の体調を見て、作り方を調整したりもするそうです。接客のプロとはそういうものなのですね。

 

自宅で簡単エスプレッソ!朝の一杯や気分転換のコーヒーにおすすめ

 

最近は家庭で作れるエスプレッソマシーンなども販売されていて、エスプレッソはだいぶ日本でも飲まれるようになりました。

でも機械がないと作れないので、たいていの方はお店でエスプレッソを飲んでいるのではないでしょうか。

 

イタリアでは砂糖を入れて飲む飲み方が主流です。

エスプレッソは苦いと思っている方が多いと思いますが、溶けきれないほどの砂糖を入れた甘い飲み物なのですよ。

 

好みですので砂糖をスプーン1杯しか入れない方もいれば、3杯ほど入れる方もいるようです。

そしてスプーンで混ぜてからスプーンの背でカップの淵をなぞると、飲んだ時にエスプレッソの香りが立って、とてもおいしくなるそうですよ。

おすすめですのでこの飲み方、みなさんも試してみてください。

 

コーヒーマシンが無料【ネスレ日本公式】



エスプレッソコーヒーとグラッパの相性抜群のカクテル「カフェ・コレット」

 

エスプレッソとグラッパを使ったのカクテル、「カフェ・コレット」は発祥のイタリアのみならず、たくさんの国で飲まれている飲み方です。

 

もちろんグラッパ以外にもサンブーカもおいしいのでぜひ試してみてほしいですが、まずはみなさんも是非、グラッパとエスプレッソを使って「カフェ・コレット」を飲んでみてください。

あまりまだ、日本では周知されていないお酒かもしれませんが、売っています。(ちょっとお高いかもだけど)

「ナルディーニ」というブランドだと4000円くらいかなぁ。

 

おいしいですし、アルコール度数も高く一気になくなるわけでもないので1本あると毎日のコーヒーのレパートリーが広がって楽しめるでしょう。

イタリアンなお食事の後などおしゃれに飲まれると気分はイタリア人!おすすめですよー!

行列のできる香り高いコーヒーを毎月ご自宅で