喫茶店やカフェで飲むコーヒーの値段が高い理由とは?

販売されているコーヒーには多くの種類があります。

缶コーヒーを含むコーヒー飲料、コーヒーの元であるインスタントコーヒー、コーヒーの豆、加えてコーヒーを店で出して販売もしています。

ですが、こんなに価格差があるって正直びっくりしている方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、そんなドリップ・インスタント・カフェのコーヒーの価格の差に関してわかりやすく解説をします。



コーヒーに使用する豆の種類の違いで価格が決まる!缶コーヒーとドリップコーヒーを原価で考える値段の違いとは?

手軽に美味しい時にコーヒーが飲めるアイテムでみんながよく買うものといえば缶コーヒーです。

缶コーヒーは、ドリップとインスタントコーヒーに比べて価格が安いのが特徴です。

 

実は、缶コーヒーはコーヒーよりも容器の価格に高い費用がかかっています。

気密性が高く、自動販売機で落下しても、コーヒーが漏れない密閉性で長期保存が可能なアルミを使用しているためどうしても、豆の価格がやすくなります。

 

安くても美味しいコーヒーが飲める理由は、香料や保存料と言った成分も入り、ミルクを入れてコーヒーの苦味を抑えることに成功しているからです。

 

もし、同じ価格で、ドリップのコーヒーと缶コーヒーがあった場合なら、ドリップの場合の方が豆にこだわっているケースが多いのです。

 

インスタントコーヒーの場合は、豆の産地にこだわる商品なら価格が上がります。

キリマンジャロやモカと言った明確に品種が書かれている商品は高めです。

工場の生産後輸送には値段がかかりますが、販売する人件費はないため、ドリップ用コーヒーに比べて価格が安いのが大きな特徴になります。

 

ドリップの用の豆を販売する場合は、スーパーで販売する商品の場合はインスタントコーヒーと変わりありません。

ですが、実際に豆を、店舗で焙煎して販売している場合は、生豆を焙煎する加工賃が入り、加えて店頭で働く人件費も絡むため価格が上昇するのです。

お家で飲むドリップコーヒーと喫茶店やカフェで飲むコーヒーの値段の違いの理由とは?高い豆を使用しているだけではない

例えば、コーヒーのカフェで豆とコーヒーを提供している店があります。

豆だけで購入するものに比べて価格が高めに設定されているなと感じた事はありませんか?

 

これには大きな訳があり、まずはコーヒーの焙煎と鮮度が大きく違います。

 

カフェで提供しているコーヒーは、その時の一杯のために焙煎度合いでおすすめで出しているケースがほとんどです。

販売されている豆の場合はお客さんの好きな味に合わせて販売している事店もあります。

同じ焙煎度合いで販売していたとしても、カフェの場合はこだわっている店だと、その日の焙煎した豆しか使用しないと言ったこだわりがありますが、家で購入する場合は、時間が経過することによって豆の品質が変化していきます。

 

コーヒー豆の劣化を避けて、確実美味しい一杯を出すためのこだわりがあるのが、カフェのコーヒーです。

 

加えてその一杯のために、焙煎度合い、豆の挽き具合、蒸らす時間といったこだわりがあるためカフェのコーヒーは高めなのです。

 

コーヒーを入れる資格や喫茶店やカフェの設備の違いとは?おしゃれな空間で美味しく感じる

カフェのコーヒーが一番高い理由は他にもあります。

単純に人件費や淹れる手間もありますが、実はコーヒーを淹れるバリスタと呼ばれる資格があります。

 

バリスタにはコンテストがあり、実際に世界大会もある程なんです。

美味しいコーヒーを一杯淹れる、豆の知識や味はもちろん、出したコーヒーの解説といった接客に関する技術を必要とされている資格なので、この人がいる店のコーヒーの価格は高めになります。

 

また、カフェはそのお店の店舗のインテリアや設備にこだわっている店が多いのも特徴になります。

人間は視覚でも、味覚が変わることが知られています。

 

例えば、同じドリップコーヒーでも、オフィスで飲むコーヒーと景色が良く海が見えるベンチで飲んだ場合では、景色が良い場所で飲んだほうが美味しく感じます。

カフェもリラックス出来る空間になっているのも、こうした人間の心をついているのです。

 

カフェのコーヒーが高いのは、コーヒーを淹れる人の技術や豆のこだわり、そして空間含めた価格なのです。

同じコーヒーでも値段の違いが出る理由とは?お家でもおいしいコーヒーが飲めます

同じコーヒーでも値段が大きく変わるのは、使用するコーヒーの原料の違いが大きな要因となっています。

 

缶コーヒーは密閉しているアルミの容器にお金がかかるため豆を安めにして、ミルクや香料を入れることで味の風味をカバーしています。

インスタントコーヒーが安いのは、加工後販売するための人件費がないため価格を抑えることが出来るのです。

 

カフェのコーヒーが一番高い理由は、基本的に豆の焙煎に加えて、鮮度が良いこと、加えて淹れる人の技術、そしてカフェの空間含めた価格が反映されています。

 

一杯の飲み物ですが、こんなに幅広く価格や場所含めて様々なところで販売されている飲み物はありません。自分にあったコーヒーを飲む参考になれば幸いです。