コーヒーを入れた後の出がらしの使い道とは?コーヒーかすの便利な再利用方法を活用しよう

コーヒーを毎日飲む方はその度にできるコーヒーの出がらしを捨てる度に、勿体ないと思いつつもついつい捨ててしまうのが常ではないでしょうか。

 

なんとなくコーヒーの出がらしが再利用できることをご存知でも具体的な効果が分からないのでためらっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

実はコーヒーの出がらしは代表的な消臭効果の他にも研磨剤、肥料、虫よけなど、身近なもののちょっとした代替品として活用出来るポテンシャルを秘めています。

家計の節約ができる点は勿論、コーヒー好きの方ならばコーヒーを最後の最後まで使い切ることができるのは嬉しいお話では?

 

今からそんなコーヒーの出がらしの便利な利用方法をご説明してきます。

ご自分の生活スタイルに合った活用方法が分かればご家庭できっと試してみたくなりますよ。

 

コーヒーを入れた後の出がらしを再利用するために乾燥させる方法とは?

コーヒーの出がらしを使うにあたって、湿ったままで使う方法としっかり乾燥させて使う方法の二通りがあります。

 

  • 湿ったまま使う方法

抽出後のコーヒーの出がらしの水気を軽くきって、小皿や瓶などに入れて使用します。

 

  • 乾燥させて使う方法

よく乾燥させないと長期間使用する場合はカビの原因になるので、日中の日差しが強い時にベランダなどでしっかり日干ししましょう。

 

もしくはフライパンや電子レンジを使って乾燥させるという手もありますが、しっかり乾燥させようとなると光熱費が意外とかかってしまいますので考え物ですよね。

ただこの電子レンジで湿った状態のコーヒーの出がらしを30秒から1分程チンすると、電子レンジ内を消臭する効果まであるのです。

なので日干しする前に電子レンジにかけるという手順を踏むと一石二鳥になりとてもおすすめです。

 

コーヒーの出がらし活用方法とは?消臭効果も高いおすすめの使い道

コーヒーの出がらしにはたくさんの使い道があり、毎日コーヒーを飲む人はかなりの量の入れたあとのカスを捨てているのはもったいないと感じてしまうでしょう。

 

コーヒー出がらしの有効活用の方法

  • 消臭剤
  • 研磨剤、ワックス
  • 肥料
  • 虫よけ
  • 美容

などがよく使われる内容となっていて、特に消臭効果が高く冷蔵庫などの中に入れての利用が多いです。

ゆき
コーヒーの出がらしにはたくさんの効果があるよ

 

消臭剤としての利用方法と効果とは?

 

コーヒーは適度に酸性なのでアルカリ性のにおいを吸着する効果があります。

なのでアルカリ性のアンモニア臭を吸着することができるのです。

ちなみにコーヒーの出がらしは活性炭の約5倍の消臭効果があると言われています。

※長期間使用したり水分に弱いものへ使用する場合はカビの原因になりますので、しっかり乾燥させたものを使用しましょう。

 

冷蔵庫の消臭

漬物、ネギ、ニンニクなど臭いの強い食べ物が集まる場所にこそおすすめです。

特に臭いの元になるものの近くにコーヒーの出がらし入れた小瓶などの容器を置いておくと良いでしょう。

 

靴の中の消臭

新聞紙で包んだり空のティーバッグなどにコーヒーの出がらしを詰めたものを靴の中にいれておくだけで消臭効果を発揮します。

 

灰皿に入れて脱臭

ご家族で喫煙者の方がいたら煙草の脱臭効果にもなりますし、灰皿の火消しにもなるのでおすすめです。

※乾燥させず湿ったままの状態の方が消臭効果を発揮する場合もありますの別個ご紹介します。

 

トイレに置いて脱臭

トイレと言えば断トツでアンモニア臭が気になりますよね。

アンモニアは水に溶けやすい性質がある為、抽出直後の水分を含んだコーヒーの出がらしの方が吸着力が増します。

ただし水分を含んでいるということはその分カビの原因となりますので1日を目安に取り換える様にしましょう。

 

三角コーナーや生ごみ用の箱の臭い消し

これからの暖かくなる季節はゴミの臭いが気になりますよね。

軽く水気をきったコーヒーの出がらしを三角コーナーやゴミ箱にばら撒く様に入れておくだけで臭いを吸着してくれますよ。

 

yuki
消臭剤としての利用方法だけでもこんなに使えるんだね!

研磨剤・ワックス・汚れ落としての利用方法

コーヒーの出がらしは前述の通り酸性なので研磨剤にもなりますし、ガーゼなどの目の細かい布に包んで靴などを優しく磨くとコーヒー豆に含まれる油分でワックスとして使えます。

ただ擦り過ぎは色素沈着や傷になってしますのでお気をつけください。

 

食器やフライパンなどについた油を落としたり汚れ落としとしても使えます。

 

肥料・虫よけ・ネコよけなどの畑での利用方法

出がらしのままでは発芽阻害物質がありますので農作物の成長の妨げになってしまいますが、出がらしと腐葉土などを混ぜ発酵させるとたい肥として使えます。

 

用意するもの

  • コーヒーの出がらし
  • 腐葉土
  • バケツ、ダンボールなどの入れ物

 

上記のものを混ぜ合わせ、1日1回混ぜることを約1か月繰り返します。

その際、新しいコーヒーの出がらしが出るたびに、継ぎ足して加えても大丈夫です。

コーヒーの出がらしは消臭効果もありますのでたい肥特有の臭みを消してくれるという利点もあります。

 

防虫効果

 

  • ナメクジ、蟻対策

両者ともコーヒーに含まれるカフェインが大の苦手です。

畑やプランターの周囲に撒いておくと近寄ってこなくなります。

 

  • 蚊よけ

あまり知られていませんが、蚊はコーヒーの香りが苦手なので蚊よけになります。

小皿などに盛ったコーヒー粉に火をつけると煙が出ますのでそれが蚊取り線香の様に使えるのです。

ご家庭以外にもキャンプ場でも使える裏技なのでぜひお試しください。

 

 

コーヒースクラブやパックなどの美容効果も抜群!利用方法

コーヒーを利用した美容ケアには効果が高いものが多く、女性には大変人気になっています。

ぜひコーヒーでのリラックスタイムとともに美容関連にも利用してみてはどうでしょうか。

 

  • 毛穴・クマのケアにコーヒーを使う

コーヒーの出がらしとオリーブオイルを混ぜたもので肌をパックして5~10分程おいて洗い流すと毛穴やクマに効果てきめんです。

 

  • セルライトに効果が高いコーヒースクラブ

コーヒー出がらしとオリーブオイル、天然塩でお手軽コーヒースクラブとしても活用することができます。(擦り過ぎは禁物です)

※ただし、お肌に合う合わないがありますのでパッチテストをして様子を見てみましょう。

そしてそのまま流すと排水溝の詰まりの原因になりますのでネットを張ったり対策しましょう。

 

ゆき
コーヒースクラブでの美容効果は女性にうれしいものばかり!

 

コーヒーはおいしく飲むだけではない!使い終わった後の出がらしも使い道がたくさんある

 

コーヒーは普通に飲んでおいしいだけにとどまらず、使い終わってからもさまざまな使い方で再利用が可能です。

消臭効果や美容効果は成分的にも充分効果が期待できるので、ぜひ試してみてください。

 

今回紹介したように捨ててしまいがちなコーヒーの出がらしは様々な方法で再利用できるので、よければご自分にあった方法を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。