コーヒー豆の消費期限と保存方法とは?長持ちする保存方法や保存容器の紹介

美味しいコーヒーを飲もうとしたら是非知っておきたいのは、コーヒー豆の消費期限です。

実は、コーヒー豆は、美味しく飲める目安の期限が決まっており、加えて、焙煎や豆を挽いた場合、保存場所によって大きく変化します。

そのため、自分が無理せず美味しく飲めるペースに合わせてコーヒー豆を購入するほうが良い選択になるケースもあります。今回は、そんなコーヒー豆の保存に関して紹介します。


コーヒー豆の味の変化は酸化が原因!専用の密閉容器を使用するなどの対策をしよう

コーヒー豆を購入後、味が変化して購入したときよりも味がわかっている経験はありませんか?

それはコーヒー豆が酸化して、味が変化しているのが大きな原因です。

酸化すると、苦味やエグミと言ったコーヒーの飲み心地の後味の悪さやアロマの香りがなくなってしまいます。

 

これは、コーヒー豆の風味や香りは焙煎後減少し、ほぼ三週間後にはなくなってしまうものの、コーヒーのコクと酸味や苦味は少しずつ増えてしまうためです。

人間は嗅覚によって味の感じ方が大きく変わります。

美味しさを感じる要因の香りや風味がなくなってしまうこと、同時に酸化によって苦味や酸味が増えることで、コーヒーの本来の美味しさが変化してしまうのです。

 

この酸化の変化は抑えることはできませんが、正しい保存方法とを知って密閉容器を使用することで遅くすることは可能なんです。

また、自分が飲む頻度や目安を知っておけば、コーヒー豆が劣化するまでに必要な量しか購入しないのも一つの方法になります。

 

コーヒー豆の消費期限はどれくらい?おいしく飲むためにも鮮度が重要!

では、単純に焙煎した後の豆の消費期限ってどれくらいが良いのでしょうか?まずは、室温で保存した場合は、2週間ほど持つと言われています。

2週間と言われると全ての時期ではなくて、湿度が多い時期や夏場の場合は、1週間と思ってもいいぐらいです。

 

コーヒー豆の風味は、湿度と高温が大敵な為、どうしてもその温度でコーヒー豆を置くと劣化の可能性が高くなります。

 

続いて冷蔵庫においた場合は、一週間延びて三週間、冷凍に保存すると一ヶ月ぐらい持ちます。

コーヒーを美味しく飲むことを考えるなら、大体一ヶ月で飲める目安量を購入した方が常に美味しいコーヒーを飲むことが出来るのです。

 

これは、温度が高いと酸化のスピートが早くなることと、コーヒーの豆の中に風味を閉じ込めている空洞があり、時間が経過するにつれて壊れてしまうためです。

低音で保存することで、こうしたコーヒー豆の風味を壊すような劣化が起こりにくくなります。

 

そのため、豆を購入した場合は、飲むペースに合わせて密閉保存をして、保存することが大切です。

 

コーヒー豆は挽く前と挽いた後で保存期間が違う?挽いた状態では酸化が早くなるので豆のままで購入がおすすめ

 

次にコーヒー豆を挽いたものと豆の場合では保存期間が大きく変わります。

豆は豆で同じでしょと思いますが、大きな違いがあるのです。挽く前と挽いた後の期間の違いは、挽いた後の方がどうしても短くなります。

 

先程紹介した、保存の目安から1週間ほどは短くなると考えていいぐらいです。

冷凍で保存した場合でも三週間ほどで飲み切るのがおすすめになります。

これはコーヒー豆を挽いたことによって、酸素に接する面積が増えるため酸化のスピートが早くなるからです。

 

豆を挽いた事によって風味のアロマの量も少なくなるため、早めに飲まないと苦味が感じやすくなります。

もし、家で豆を挽く器具を持っているなら、豆で保存して飲む前に飲む量を挽いたほうが美味しいコーヒーが飲めるようになります。

粉にすると豆は基本的に湿気やすいので、冷蔵庫以上で保存することが大切になります。空気を抜いて密閉容器で保存するのがおすすめです。

ちなみに、もっとも鮮度のいいコーヒー豆を使うなら自家焙煎がおすすめです。

コーヒー豆は状態ごと別に保存方法を変えるべし!おすすめは飲むときにミルで挽くこと

コーヒー豆自体は、非常に劣化が激しいもので、見た目以上に風味や味が大きく変わります。

焙煎後室温で置いた豆で、3週間後には本来コーヒーが持っている、風味がなくなっていることが多く、飲んだ人でも購入時と豆の味が違うと感じる原因になります。

 

そのため、焙煎して豆の状態の保存の目安は、室温の室内で2週間、冷蔵庫で3週間、冷凍庫で一ヶ月が目安です。

また、室温でも室内が高温多湿の場合は、豆の状態でも一週間持てば良い方と考えるべきです。

 

次に、ペーパーフィルター用で挽いた場合は、基本的に豆の状態よりも一週間短くした目安の期限で豆を消費すべきです。

これは豆を挽いたことによって、酸化が起こり、豆の状態のままよりも劣化の原因になるためです。

酸素に接する面積が増える分、豆の味が低下してしまう原因になります。

そのため、冷蔵庫以上で、空気を抜いて保存することで、長持ちすることができます。

 

豆の保存方法を正しく知ることは、美味しいコーヒーを長く飲むことができます。

もし、家にコーヒーミルがある場合は、豆のまま保存して飲む直前に挽くのがおすすめです。一度に購入する豆の分量の参考になれば幸いです。