コーヒーで口が臭くなるってホント?口臭の原因と予防対策とは?

コーヒーを飲むと口臭で息が臭くなるので、人前でコーヒーを飲むことができないという悩みを持っている人が多く、そんな方にぜひ知っていただきたいのは、おいしくコーヒーを飲むためのコーヒーと口臭のメカニズムです。

コーヒーが口臭の原因だとして、飲む事自体を避けている人も実際にはかなりの数がいるようです。

ですが、それは正しいようで間違いで、コーヒーは原因の一つになりえますが、自らの口臭全ての原因にはならないのです。

 

今回は、そんなコーヒーと口臭の知っておきたい、改善と予防法に関して紹介します。

コーヒーでの口臭は改善と予防によって抑えることが可能ですが、それでも気になる方はサプリメントやタブレットも効果的ですので、合わせて活用することで効果は高まります。

コーヒーが口臭の原因になる理由とは?メカニズムを知ると対策予防や日々のケアも簡単

何故コーヒー自体は良い香りなのに、口臭の原因になるというのは非常に疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

それは、コーヒーに含まれている有効成分が飲んだ直後から2~3時間後に起こる、体内の変化によって発生するからです。

 

口臭が原因になるのは、コーヒーを飲んだことによるカフェインによって、口の中の水分や唾液の分泌が著しく減少することが大きな原因となっています。

実は、コーヒーに含まれているカフェインは、人間の体内にある水分の排出を促進します。そのため、口の中に存在している水分も一旦体内への吸収力を著しくあげてしまいます。コーヒーを飲んだ後に、水分が欲しくなるのはそのためです。

また、唾液の分泌も著しく悪くなってしまうため、口臭の原因になります。唾液には、口内環境を良くする作用を持っており、食事をすることによって傾いた酸性の環境から、中性、アルカリ性の環境に戻す力があります。

この作用によって、虫歯の予防をしているわけですが、口の中から発生する酸の臭いも同時に中和する力も持っています。

 

コーヒーを飲んだ後、口臭が強烈な酸の臭いなのは、コーヒーを飲んだことによる、食べ物のカスが酸となってニオイのもとになり、加えて唾液の分泌が悪くなるからです。

 

  • 口の中の水分が減ってしまうので、こまめな水分補給
  • 口の中の食べカスなどが酸化してしまうので清潔な口内を保つ

 

 コーヒーによる口臭発生の改善法!組み合わせによる原因を知って予防に努めよう

コーヒーを飲んだことによって口臭が発生する原因をなくし、改善するにはポイントがあります。まずは、口臭の原因になるリスクがある飲み方を避けることです。

コーヒーを飲んだ後に口臭が発生しやすい成分を、一緒に摂取しないことです。

その中でも、もっとも原因になりやすいのは砂糖やミルクなんです。

 

適量を入れて飲むと美味しく、楽しむことができますが、量が多いと口臭の発生リスクの原因になります。

その理由は口の中にいる細菌が、砂糖やミルクを分解して酸を作り出すからです。

コーヒーに対して多くミルクや砂糖が含まれていると、口の中に成分が残ってしまうリスクが上がります。

口の中に残っていることで、細菌の餌となってしまうため、酸の強烈な臭いの原因になります。

 

また、タバコと言ったものはコーヒーと一緒に嗜むと、口臭の原因になります。

タバコ自体も臭いがありますが、口の中を乾燥させてしまうので、より症状が悪化しますので注意が必要です。

コーヒーとタバコはセットな方も多いでしょうが、その場合はより予防と対策に取り組みましょう。

 

  • 砂糖やミルクはコーヒーと一緒に取ると口臭の原因となりやすい
  • タバコはそれ自体も臭いがあり、さらに口を乾燥させるので口臭の原因となりやすい
  • コーヒーとの組み合わせに当てはまる人はケアを最大限にしないとあなたは気づかないかもしれませんが口臭がひどい場合が多い


 

コーヒーの口臭の予防法を知ってしっかりとした対策をしよう!合わせて行う日々のケアも重要

 

コーヒーを飲みたいけど口臭が気になってという人は、手軽に予防することができます。

口臭の要因になる口内環境を作りやすい状態を避けることで、口臭を手軽に予防することが出来るのです。

 

口臭の予防になるのは、コーヒーを飲むタイミングで、口臭が発生するピークは飲んだ後2~3時間後になります。

もし、仕事等の商談がある場合はその時間帯を考えて、コーヒーを飲むのがおすすめです。

 

飲んだ後ガムを噛んだり消臭効果のあるタブレットを利用して唾液の分泌を促進させるのも効果的で、口臭が目立ちにくくなります。

虫歯予防にもなり、口内環境も良くなるためおすすめの方法です。

 

また、コーヒー自体には胃酸の分泌を促進させる作用も持っているので、飲む場合は基本的に空腹時を避けるのもおすすめです。

胃酸の分泌が多くなると口にまで臭いの原因になる方もいるため避けるのが万全です。

また、水分を摂ることで酸とコーヒーによる口の乾燥を避けるのも、とっておきの方法になります。

 

大事なことは日々の口内環境をしっかりとケアし、口臭の発生しやすい組み合わせや乾燥と胃酸の分泌による臭いの発生を防ぐことにあります。

 

  • コーヒーを飲んでから2~3時間後が口臭が発生しやすいので、用事がある場合は気を付ける
  • ガムやタブレットを噛むことで乾燥による口臭を抑えることができるのでおすすめ
  • 空腹時には胃酸の分泌で口臭が発生しやすい状態なので避ける
  • しっかりと水分を取ることである程度は口臭を抑えることが可能
  • 日々のケアをすることで口内環境を整える

 

コーヒーによる口臭は日々のケアやタバコなどとの組み合わせを考えることで抑えたり、消すことが可能

コーヒーを飲むことで発生すると思っている臭いの原因は、コーヒーと共に摂取するミルクや砂糖と言った甘味料、タバコを吸う、吸わない、口の乾燥が大きな発生原因になっています。

 

口臭を予防するには、口の中の細菌になる成分が残らないようにすることと、適度な水分をとりつつ唾液の分泌を促進させることが大切です。

そのため、過度な砂糖やミルクを入れすぎない事ことで、口内の細菌が臭い発生になる成分が残らないようにする習慣を身につけることが大切です。

 

口臭が発生する原因の1つは口が乾燥することによって、酸の臭いが空気中に出てしまうことで起こります。

コーヒーを飲んだ後に水分を摂取するのも口臭予防にとっておすすめです。

 

唾液の分泌を促進させるガムやタブレットを噛むことで、虫歯予防と口臭予防につなげることができます。

タバコを吸うことは口臭を悪化させる原因になります。タバコ自体も臭いのもとですが口を乾燥させてしまうので、嗜む人はコーヒーとセットで吸わないことが大切です。