倉敷市カフェ・喫茶店人気のコーヒーが飲めるお店7選!スイーツやモーニングでインスタ映えするお店を紹介

倉敷市は岡山県南部に位置した市です。

深い歴史を感じさせる白壁の町並みが保存された美観地区や、その中にある大原美術館など観光地でも知られています。

デートやお友達と一緒に、ほっと一息つけるカフェも少なくありません。倉敷市の素敵なカフェをご紹介します♪

 

【倉敷市の人気カフェ】倉敷珈琲館

 

この投稿をInstagramで見る

 

Niwa(@annx1220)がシェアした投稿

 

倉敷珈琲館は、美観地区の中にあるコーヒー専門店です。

1971年創業の老舗で、厳選した豆を知識と経験に裏打ちされた焙煎する技術と、ネルドリップにこだわり続けています。

レトロという言葉が相応しい店内は落ち着いており、喧騒も響いてこず、時が止まっているような錯覚にさえ陥りそうになります。

 

倉敷コーヒーはコーヒー好きでもうなってしまうレベルのコーヒーぞろいですが、一番の名物は琥珀の女王です。水出しコーヒーにリキュールと蜂蜜、ミルクと氷を加えた逸品。

コーヒーの苦味の中に蜂蜜やミルクやリキュールの味が溶け込み、独特の味わいを生み出しています。

 

  • 住所 岡山県倉敷市本町4-1
  • 営業時間 10:00~17:00
  • 定休日 無休
  • 禁煙・喫煙 分煙
  • お問い合わせ 086-424-5516

 

【倉敷市の人気カフェ】三宅商店

 

この投稿をInstagramで見る

 

마유♡ℳayu(@__mayuwooooo__)がシェアした投稿

 

三宅商店は季節に合わせた岡山県産のフルーツをたっぷり使ったパフェが人気です。

例えば3月上旬から5月上旬には、摘みたて苺のパフェ、7月中旬から8月下旬は桃のフローズンパフェ、10月上旬から10月下旬までは和栗のパフェといった具合です。

見た目も鮮やかで、ボリュームもありインスタ映えするパフェばかりとなっています。ケーキなどスイーツ類が充実しているのも無視できません。

 

三宅カレーもファンが多い逸品。

揚げたレンコンや山芋などの野菜類が乗っており、ごはんは雑穀で健康的なカレーとなっています。

野菜の旨味が滲み出たルーは辛味ではなく甘みが引き立っているのもポイントです。

 

 

  • 住所 岡山県倉敷市本町3-11
  • 営業時間 【平日】11:00~17:30【土】11:00~20:00【日】8:00~17:30
  • 定休日 月曜(※祝日の場合は営業) ※3・7・8・9月は無休
  • 禁煙・喫煙 完全禁煙
  • お問い合わせ 086-426-4600

 

【倉敷市の人気カフェ】mugi (ムギ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukari Isida(@yukariisida)がシェアした投稿

 

mugi (ムギ)は美観地区にあるパン屋で、2階にカフェスペースが設けられています。mugiのメインメニューは、素材本来の風味と香りを生かした天然酵母のパンです。

フランス産小麦を使ったハード系のパンや、ライ麦のパン、全粒粉のパンや菓子パン、食パンまでさまざまなパンを提供しています。

 

特に「これが一番の名物パン!」というよりも、mugiで作られているパンは全部レベルが高く名物といえます。

 

 

  • 住所 岡山県倉敷市阿知2-25-40
  • 営業時間 【1階:ブーランジェリー】7:30~19:00【2階:カフェ】7:30~17:00
  • 定休日 無休
  • 禁煙・喫煙 完全禁煙
  • お問い合わせ 086-427-6388

 

【倉敷市の人気カフェ】くらしき桃子 倉敷本店

 

この投稿をInstagramで見る

 

kaorin(@moko_coco_kaorin)がシェアした投稿

 

くらしき桃子 倉敷本店は、旬のフルーツを使ったパフェやスイーツを楽しめるカフェです。店内にはエミール・ガレのガラス工芸作品が飾られており、優雅で美味しいひと時を過ごせます。

パフェなどにはそれぞれの季節に旬を迎えるフルーツを使用し、例えば6月上旬~12月上旬頃まではニューピオーネのパフェが登場。

ちなみに黒ブドウのニューピオーネは、岡山県が生産量日本一です。

 

他にも、岡山県産蒜山ジャージー牛乳を使用した濃厚な味わいのソフトクリームやジェラートなども人気。

2019年4月にグランドオープンした総本店では、フルーツ一杯のパレットプレートを楽しめます。

 

 

  • 住所 岡山県倉敷市本町4-1
  • 営業時間3月〜10月
    [月~土]10:00~18:00(カフェL.O.17:30)[日・祝]9:30~17:30(カフェL.O.17:00)11月〜12月
    [月~土]10:00~17:00(カフェL.O.16:30)[日・祝]9:30~17:00(カフェL.O.16:30)
  • 定休日 なし
  • 禁煙・喫煙 完全禁煙/椅子なしの喫煙室あり
  • お問い合わせ 086-427-0007

 

【倉敷市の人気カフェ】果物小町

 

この投稿をInstagramで見る

 

RENA♡(@renapon4)がシェアした投稿

 

果物小町は、岡山県のフルーツを贅沢に使ったスイーツを楽しめます。

果汁を極限まで練り込んだオリジナルのソフトクリームは、香料や添加物なしの新開発商品。

他にも、コーヒー、紅茶を楽しめるカフェです。大正ロマン風の衣装でおもてなしをしてくれるスタッフも楽しい演出でしょう。

 

蒜山ジャージーミルクのソフトクリームは、ミルク本来の味を気づかせてくれる逸品。

岡山の清水白桃やマスカット・オブ・アレキサンドリアの果汁をこれでもかと練り込んだソフトクリームは、果物小町でしか味わえません。

平日限定のフルーツ盛り合わせや、パンケーキなども提供しています。

 

 

  • 住所 岡山県倉敷市中央1-4-22
  • 営業時間 10:00~18:00
  • 定休日 月曜日
  • 禁煙・喫煙 完全禁煙
  • お問い合わせ 086-425-7733

 

【倉敷市の人気カフェ】エル・グレコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

emi♡(@dotto.mt)がシェアした投稿

 

エル・グレコは、美観地区にある外壁に植えられたアイビー(蔦)が目立つカフェです。

創業昭和35年の老舗カフェで、大原美術館の設立者である大原孫三郎の長男総一朗氏によって名付けられました。

喫茶室には名前の由来となった大原美術館にも飾られているエル・グレコの作品、受胎告知の模写がかけられています。

 

エル・グレコで一番人気なのが、コーヒーとレアチーズケーキにブルーベリーソースをかけたコンビネーションです。

また、ミルクセーキも人気メニューとなっています。

大正ロマンを感じさせる店内でゆっくり過ごしているだけでも、時間を忘れてリラックスできるでしょう。

 

 

  • 住所 岡山県倉敷市中央1-1-11
  • 営業時間  10:00~17:00
  • 定休日 月曜日(祝日の場合は水曜日)
  • 禁煙・喫煙 分煙/喫煙席8席、禁煙席30席
  • お問い合わせ 086-422-0297

 

【倉敷市の人気カフェ】西洋乞食

 

この投稿をInstagramで見る

 

きょん。(@kyon_tokiiro)がシェアした投稿

 

西洋乞食は倉敷市の水島というエリアにある老舗カフェです。

水島は巨大な工場地帯として知られ、特に工場夜景が美しい水島コンビナートや夜景100選に選ばれた鷲羽山スカイラインの夜景があり、岡山県民のドライブデートスポットにもなっています。

その水島エリアにあるのが創業1975年の西洋乞食です。

 

店内はとにかくレトロでおしゃれな調度品で飾られており、落ち着いた雰囲気が漂っています。

ピザやグラタン、コーヒーのお店ですが、何といっても一番の名物が青色のクリームソーダ。

多くの人が魅了されるのはクリームソーダに乗せられた白いアイスで象った美しいバラの花弁です。

ただし1日10食限定ですので、目当てで行く方はご注意ください。

 

 

  • 住所 岡山県倉敷市水島西栄町12-27
  • 営業時間 [月~土] 7:30~16:00
  • 定休日 日曜、祝日
  • 禁煙・喫煙 不明
  • お問い合わせ 086-445-1777

 

倉敷市のカフェはあなどれない!オシャレで美味しいメニュー満載

 

倉敷市には多くの素敵なカフェがあります。

観光スポットである美観地区は、歴史を感じる老舗カフェも少なくありません。

また、お友達やデートで恋人と一緒に行きたくなる美味しいパフェのあるカフェもたくさんあります。

岡山や倉敷に来たとき、ちょっと立ち寄ってみませんか?

食べログプレミアムサービス