おすすめのコーヒー豆を挽くミル!失敗しない手動式ハンドミルの選び方とは?

コーヒーは豆をおうちでゴリゴリ挽いて飲んでいるって聞くと、なんだかとてもこだわっているんだなって感じますよね。

でも、実際にコーヒーをおうちでハンドドリップしながら飲むようになると、「あ、挽きたての豆で飲んでみたいな」って思うようになるんです、不思議ですが。

 

今回はおうちでコーヒー豆を挽いてみたいと思った人に、コーヒー用ミルの種類や使い方について紹介します。

ハンドミルや自動ミルの違いや、粗挽きや細挽きについても詳しく紹介しますので、是非参考にしてみてください。

 

  • コーヒー豆を挽くコーヒーミルには2種類ある
  • コーヒーの挽き方は4種類あり、味や風味の出方に違いがある
  • 初心者にはコーヒーを淹れる工程を楽しむ1つとして、ハンドミルがおすすめ。
  • コンパクトなものやインテリアになるミルがある


コーヒー豆を挽くコーヒーミルとは?電動ミルと手動ミルの違いや初心者にもおすすめの種類について

コーヒーは豆を粉にしてから抽出しますが、淹れる直前に豆を挽く(グラインドと言う)と香りがとっても高くなります。

よりコーヒーを楽しむポイントでもあります。

豆から挽きたてのコーヒー粉をおうちで簡単にできる道具がコーヒーミルです。

 

家庭用のコーヒーミルには電動ミルと手動ミル(ハンドミル)があります。

 

コーヒー豆用手動ミル(ハンドミル)とは?

手でハンドルを回して挽くタイプで、手回しミルとも呼ばれています。

臼歯と呼ばれるコニカル式が一般的で、これは円錐形のコニカルと呼ばれる歯車状の刃に豆を少しずつ引き込みながら挽いていくものになっています。

ネジを調整することで粒の大きさを変えることができますが、極細挽きができないものが多いのも特徴的です。

そのため、エスプレッソマシーンを使って抽出する場合には、電動ミルの方が良いでしょう。

 

コーヒー豆用電動ミルとは?

コーヒー豆を挽く電動ミルには主に以下の3つがあります。

  • プロペラ式電動ミル
  • コニカル式電動ミル
  • フラット式電動ミル

 

このうち、値段が手頃で入手しやすいものが「プロペラ式電動ミル」です。

プロペラ状の刃が回転することで豆を細かく砕いていきます。

ハンドミルのようにネジで粒の大きさを調整するという機能はついていないので、挽く時間によって調整します。

均一に挽くためには、挽いている途中に軽く振りながら使うと良いでしょう。

 

粗挽きや細挽きの粒度(メッシュ)の種類による味の変化とは?挽き方にによってコーヒーの味が違う!

コーヒー豆は挽いた粉の大きさ(粒の大きさ)によって苦味や酸味の出方が変わってきます。

挽き具合が細ければ細かいほど苦味が強くなります。

これは粒のサイズが細かくなるほど、お湯にふれる粉の面積が増えるためです。

 

粒の大きさ、粒度(メッシュ)によって抽出方法も変わってきます。

コーヒーの抽出器具に適した挽き方でないと、抽出が過剰になってしまったり、逆に風味があまり感じられない薄いコーヒーになってしまうことがあります。

まずは、以下に紹介する挽き方を参考にして一度挽いてみると良いでしょう。

飲んでみて、もう少し濃い目がいいなと思ったら少し細かく挽くなどして微調整をしていくと、自分好みの挽き方を見つけられます。

 

【コーヒー豆】極細挽きの味とは?

粒の大きさはグラニュー糖よりも小さくて、きめの細かいパウダーのような挽き方です。

触るとサラサラした感触です。

味の特徴としては、苦味が強くて酸味があまりでないことです。

抽出時間が短いので、煮出して作り出すトルコ式コーヒーや、粒子の細かさが求められるエスプレッソマシーンに向いています。

 

【コーヒー豆】細挽きの味とは?

ハンドミルで一番細かい挽き方ができるのがこの細挽きです。

表面積が大きく、濃厚な味を楽しみたいときに適した挽き方です。

粒の大きさはグラニュー糖と同じくらいの大きさで、苦味を強調したい時、アイスコーヒー、水出しコーヒー、マキネッタなどに向いています。

 

【コーヒー豆】中挽きの味とは?

一番スタンダードな挽き方と言えるでしょう。

粒の大きさはザラメ糖とグラニュー糖の間くらいの大きさです。

抽出方法もハンドドリップ、サイフォン式、ネル、コーヒーメーカーなど幅広く対応がきく挽き方で、粗挽きと中挽きの中間の

「中粗挽き」も喫茶店などでよく使われる挽き方です。

 

初めて挽く場合は、この中挽きを基準に挽き具合を微調整していくと良いでしょう。

 

【コーヒー豆】粗挽きの味とは?

最も粗い挽き方で、ザラメ糖ぐらいの大きさになります。

コーヒープレスやアウトドアで活躍するパーコレーターなど、お湯に粉を浸透させる抽出方法に向いています。

味の仕上がりもさっぱりしたものになります。

 

初めてのコーヒーミル購入を考えている人は初心者におすすめの手動式ハンドルミルから選ぼう

初めておうちでコーヒー豆を挽く人には、手動で挽くハンドミルがおすすめです。

理由は、ゴリゴリと豆が砕かれる感触を手のひらに感じながらハンドルを回していく時間は、コーヒーを楽しむ要素の大きな一つだからです。

また、挽いている最中から部屋いっぱいに、コーヒー豆の香ばしい香りをハンドミルから感じることができます。

 

【コーヒー豆用】手動式ハンドミルを使うメリット

コーヒーを飲む雰囲気を盛り上げてくれる道具として、ハンドミルはおすすめです。

  • 電動ミルと比べて価格が安価で購入しやすい価格帯が多い
  • おしゃれでインテリアにもなる
  • コンパクトで持ち運びに便利なため、アウトドアでも使いやすい

 

ハンドミルは数千円から購入が可能ですので、初めてコーヒーミルを買うときの入門としておすすめです。

また、レトロなアンティーク風なデザインからシンプルでモダンなタイプなど、さまざまなデザインがあるります。

アンティークなデザインは置いておくだけでもインテリアになっていいですね。

 

コンパクトなタイプもあり、アウトドアでも使えます。

キャンプ先でコーヒー豆を挽いて飲む一杯は格別な味と言えます。

 

【コーヒー豆用】手動式ハンドミルの使い方

今回はポーレックス社の手挽きコーヒーミルセラミックで使い方を紹介します。

  1. 本体の上部にある蓋とハンドルを外す
  2. 本体に飲む分だけのコーヒー豆を投入する(コーヒーは粉にすると酸化が進むため、飲む分だけ挽くようにする)
  3. 蓋とハンドルをとりつけて、手応えがなくなるまで回し続ける
  4. 本体の下部を外すと、粉が溜まっているので、ドリッパーに粉を移す

 

本体をひっくり返したところに粒度を調整するツマミがあります。

お好みの挽き方で試してみてください。

 

【コーヒー豆用】手動式ハンドミルの使い方のポイント

同じ速度で回すことが大事です。

粒の大きさが均一でないと、抽出したコーヒーの風味がバラバラになってしまいがちです。

また、豆を挽く時にでてくる「微粉」が大量に含まれていると、渋みやえぐみも一緒に抽出されてしまいますので、ハンドミルの刃の部分をこまめに掃除するなど、定期的なメンテナンスをおすすめします。

 

初めての購入におすすめ!手動式ハンドルミルの人気商品を紹介

 

初めてのコーヒーミルはどれを買えばいいかわからない方が多いでしょう。

ここではこのコーヒー用ミルを買っていれば間違いのないおすすめのハンドミルを3つ紹介します。

 

【おすすめのコーヒーミル】ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニ

ポーレックスは大阪にあるメーカーで品質の高いセラミック製品を多く手がけています。

セラミック製は食材そのものの風味を損なわないため、コーヒーミルにも適しています。

こちらの商品は本体に黒い部分があり、そこにハンドルを収納できるため、持ち運びに便利です。

 

シンプルでモダンな印象は使う人を選ばず、誰でも簡単にコーヒー豆を挽くことが出来ます。

 

【おすすめのコーヒーミル】カリタ コーヒーミル 手挽き クラシックミル

そこにあるだけでインテリアになる、アンティークな雰囲気のハンドミルです。

木の質感やハンドル部分の重厚感などがおしゃれです。

大きな台座は箱型で安定していますので、挽く時も手を固定することができます。

ダイレクトに手のひらに「ゴリゴリ」という感触を感じられます。

 

【おすすめのコーヒーミル】ハリオ(HARIO) セラミックコーヒーミル・スケルトン

セラミック製なので、水洗いOKなお手入れしやすいコーヒーミルです。

丸みを帯びたデザインはコロンとして可愛らしい印象です。

底面には滑り止めカバーがついているので、安定して豆を挽けます。

また、コーヒー粉がたまる部分は付属の蓋を取り付ければ、保存容器にもなります。

 

家庭用ハンドミルで挽きたての一杯を楽しもう!挽き方をマスターして、自分好みのコーヒーの味を見つけよう

 

おうちでコーヒーを楽しむなら、ぜひハンドミルで、豆を自分の手で挽いてみましょう。

ハンドルを回すうちにコーヒーの香りに包まれ、これから美味しい一杯が飲める!というワクワク感に浸れますよ。

 

ハンドルミルの中でも、滑り止めがついていて安定性が高いものや、セラミック製でお手入れしやすく、刃も長持ちしやすいものなどいろいろあります。

 

アウトドアにも使いたいのか、2,3人用の大きめなミルでたくさん挽きたいのか、インテリアとしても置きたいのかなどを考えながら、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてくださいね。