苦いコーヒーが苦手な人におすすめ!焙煎度合いやコーヒー豆の挽き方で苦みを調整しよう

コーヒーと聞いて思い浮かぶイメージは何ですか?

コーヒーのイメージとして真っ先に思い浮かぶのが「苦さ」ではないでしょうか。

これこそコーヒーが苦手な方の一番の理由であり、好きな人にとっては外せないポイント。

 

苦みは摂取すればするほど舌が慣れていき、お茶文化が浸透している日本においては苦みを旨味ととらえる傾向があるそうです。

 

ただ、コーヒーは苦いだけの飲み物ではなく、甘み、酸味、風味、香りなども味わえるとても奥深い飲み物なので、知れば知るほどにコーヒー好きになってしまうかもしれませんよ。

 

これから「コーヒーが苦くなる理由」や「あまり苦みがないコーヒーを飲みたい人へおすすめの飲み方」などをご紹介していきますのでご参考にしていただければ幸いです。

コーヒーが苦くなる理由とは?焙煎度合いや豆の挽き方で苦みが左右される

コーヒーの原材料であるコーヒーチェリーの実自体は苦みは全くなく、熟せば甘くそのままでも食べられます。

コーヒーの苦さはどこからくるというとコーヒーチェリーの種を焙煎する過程で生まれる焦げからです。

なのでコーヒー豆には苦みが多少なりともあって当然なのですが、少しでも苦くないコーヒーを飲むためにはどうしたら良いか見てきましょう。

 

まず、コーヒーの味わいを左右するものとして代表的なものに以下のものが挙げられます。

  • 焙煎度合い
  • 豆の種類
  • 豆の挽き方
  • お湯の温度
  • 抽出方法

以上を交えて苦みを抑えたコーヒーを淹れる方法やコツをご紹介してまいります。

苦いコーヒーが苦手な人におすすめ!苦みを抑えた飲みやすいコーヒーを入れる方法

 

細菌のコーヒーのトレンドとして、苦みの強いコーヒーより酸味と風味を重視するコーヒーが増えてきました。

オシャレなカフェなどに行くとほとんどが苦みの少ないフルーティーなコーヒーを出しているところばかりですので、お気に入りのコーヒー豆を探す場合は、カフェなどのオリジナル豆を購入するのがおすすめです。


苦みの少ない焙煎度合いで選ぶ!酸味や甘味の強い浅煎りコーヒーを選んでみる

 

苦いコーヒーが苦手な方は浅煎りコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか。

日本のカフェ、喫茶店では深煎りコーヒーが主流ですのでなかなか飲む機会がないかと思われますが、最近のカフェでは浅煎りのコーヒーを出している場合が多いので、喫茶店よりカフェを狙ってみるのもアリです。

 

浅煎りコーヒーは酸味やフルーティーさを楽しめるので、深煎りコーヒーとの違いに驚かれるかもしれません。

 

コーヒー豆は焙煎(ロースト)度によって8段階に分けられています。

浅煎りなほど焙煎時間が短い為、豆の色が明るく、深煎りになればなるほど焙煎時間が長く豆の色も暗くなっていきます。

 

浅煎り(酸味が強い)

  1. ライトロースト(Light roast)
  2. シナモンロースト(Cinnamon roast)
  3. ミディアムロースト(Medium roast)
  4. ハイロースト(High roast)
  5. シティロースト(City roast)
  6. フルシティロースト(Fullcity roast)
  7. フレンチロースト(French roast)
  8. イタリアンロースト(Italian roast)


深煎り(苦みが強い)

 

上記の8段階を頭に入れてお店でコーヒー豆の表記を見比べてみると好みの味のコーヒーに辿り着きやすくなります。

関連記事

コーヒー豆をおうちで焙煎してみたい!と思ったあなた、是非自家焙煎にトライしてみましょう。これから自家焙煎を始めるに当たって、実は焙煎には段階があり、それぞれに名称・味・香りの特徴があるのをご存知でしたか? […]

 

コーヒー豆の種類で選ぶ!苦みの少ない豆やフレーバーのついた豆を選ぼう

コーヒー豆選びの段階から苦みが少ない豆を使うこともおすすめです。

マンデリン、ブラジルといった苦みの強いコーヒー豆より酸味や甘味があるコナ、モカ、エチオピア、調和の取れたブルーマウンテンなどを選ぶと良いでしょう。

関連記事

コーヒーはよく飲むけどコーヒー豆はこだわって買っていますか?意外とブレンドコーヒーやおすすめされるがままにコーヒー豆を購入している方は多いようです。 本当にそのコーヒーがあなたにとって1番のものなのか?[…]

関連記事

コーヒーの好みは十人十色で、苦みを好む方、酸味を好む方、甘みを好む方、さまざまかと思われます。日本人はコーヒーと言えばブラックコーヒーをとかくイメージしてしまいますが、所変われば品変わります。世界には様々な種類のコーヒーの飲[…]

 

コーヒー豆の挽き方で苦みの度合いが変わる!粗挽きに変えてみる

コーヒーはコーヒー豆の粒が細かいと苦みを感じやすいので粗いものを選びます。

コーヒー豆は挽けば挽くほど濃く強い味になり、逆もまた然りで粗ければ粗いほどするっとした爽やかな味になります。

もしくは店頭でコーヒー豆を挽いてくれるのならば、粗挽きで注文してみましょう。

関連記事

コーヒーは豆をおうちでゴリゴリ挽いて飲んでいるって聞くと、なんだかとてもこだわっているんだなって感じますよね。でも、実際にコーヒーをおうちでハンドドリップしながら飲むようになると、「あ、挽きたての豆で飲んでみたいな」って思うようにな[…]

 

コーヒーの淹れ方で変わる!お湯の温度が苦みを左右する

一般的にお湯の温度が高いとコーヒーの成分が出るのが早く、温度が低いとコーヒーの成分が出るのが遅いです。

コーヒーの成分の中には苦みも含まれるので、90度ぐらいのお湯で抽出すると苦みが抑えられたコーヒーになります。

ただし温度が低い状態で素早く淹れてしまうと、コーヒー成分が十分に出しきれず酸味だけが強いコーヒーになるのでご注意ください。

 

ケトルからお湯を細く、円を描くようにゆっくり注ぎ淹れることでコーヒーの酸味だけでなくコクも味わえるコーヒーを淹れることができます。

 

抽出時間、お湯の温度、お湯の注ぎ方によって味が変わってくるので、ご自分の好みの味わいを発見できたらいいですね。

煎れたてのコーヒーは時間経過とともに酸味が増してしまうのでお早めに召し上がってください。

関連記事

美味しいコーヒー豆を手に入れたら珈琲を淹れて飲みたいと思うのは当然ですよね?お湯を注くだけでできるインスタントコーヒーとは違いレギュラーコーヒーは、抽出する器具が必要です。同様にエスプレッソもまた抽出する専用の器具が必要にな[…]

沖縄市 カフェ 喫茶店 おすすめ

 

あまり苦みがないコーヒーを探されている方におすすめの「水出しコーヒー」とは?

水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー、ダッチコーヒー)はその名の通りお湯を使わず、水でじっくり8時間ほどかけてコーヒーを抽出します。

 

ロブスタ種の豆の生産が約90%のインドネシアで考案された画期的な抽出方法で、水で淹れるのでコーヒーの苦み成分が溶けにくく、まろやかな飲み口が特徴です。

 

準備するものはコーヒー豆、水、容器のみで、容器は専用のものを購入せずともご家庭にあるピッチャーなどで代用できます。

ちなみに水出しコーヒーのうまみやコクを味わうのには「中挽き」で「深煎り豆」がおすすめです。

慣れてきたら好みの味を模索するのも良いですし、レモンやオレンジを一緒に加えて抽出してフレーバーコーヒーにしても楽しめます。

水出しコーヒーはご家庭にあるもので簡単に作れるのでぜひお試しください。

関連記事

水出しコーヒーは、ここ数年で耳にする機会が増えた注目のコーヒーの抽出方法です。コールドブリューコーヒーやダッチコーヒーとも呼ばれるこの水出しコーヒーは、アイスコーヒーと混同してしまう場合が多いのですが、実はアイスコーヒーと水出しコー[…]

長崎市 カフェ おすすめ

工夫次第で苦みの少ないコーヒーが飲める!あなただけのお気に入りのコーヒーを探そう

コーヒーと一口に言っても様々な淹れ方や飲み方がありそれぞれ味わいが異なります。

今回はブラックコーヒーで苦みを抑える方法を紹介しましたが、それ以外にもたくさんのコーヒーの飲み方がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

ブレンドコーヒー・アメリカン・カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ・ウィンナーコーヒー…喫茶店やカフェでメニューを見ていると種類がとても豊富でどうにも目移りしてしまいますよね。今回はたくさんのコーヒーの飲み方の代表的な種類を挙[…]

 

普段のリフレッシュにも最適なのがコーヒーを飲む瞬間ですので、ご自分の好みのコーヒーに出会えるとコーヒーを知ることがどんどん楽しくなっていきますよ。