コーヒーの効果・効能とは?飲むだけで気分転換やリラックスなど二日酔いにも効果的

たくさんの人から愛されている香り高くほろ苦いコーヒーは日本人の約半数くらいが、コーヒーをほぼ毎日飲んでいるという調査結果もあるそうです。

 

自律神経に働きかけ、心を落ち着ける効果のあるコーヒーは交際や会議の席にも添えられていることも多く、Let’s Talk Over Coffee.(珈琲でも飲みながら話しましょう。)のように、世界中で、話し合いの席にはコーヒーが出てきます。

 

なぜコーヒーがこれほど日常的に飲まれているのか、そこには美味しいだけじゃない理由がありコーヒーの成分が仕事の効率を上げることが話し合いを円滑に進める手助けをしてくれたりするのです。

それを経験的に知っているので、私たちはいろいろな場面でコーヒーを好んで飲むのでしょう。

 

今回はコーヒーを飲むことで得られる効果と効能について紹介しています。

 

行列のできる香り高いコーヒーを毎月ご自宅で



 

コーヒーのアロマのフレーバーがもたらすリラックス効果と効能

コーヒー

 

忙しい毎日や人間関係などストレスを感じる場面場たくさんあります。

煮詰まってしまったり、何だかモヤモヤしたした気分が抜けないときには、趣味を楽しんだり体を動かしたりして気分転換をするのが大切です。

 

でも、仕事中など自由に動けないことも多くストレスを抱えたまま仕事をしていると、よけいにストレスが溜まりイライラしてしまう負の連鎖が始まってしまい作業効率も悪くなってしまいます。

そんなときにはちょっと手を止めるだけでできるお手軽な気分転換方法にコーヒーがあります。

 

コーヒーを飲んで一息つけば気分をリフレッシュすることができるのでストレスを解消できるほか、いったん頭のリセットをすることで視野が広がり気づけなかった部分にも目が行くことがあります。

 

仕事中のちょっと一息にも素晴らしい効果や効能を発揮するのがコーヒーなのです。

 

 

コーヒーを飲むことによって二日酔いの予防と解消にも効果あり

 

食後にコーヒーを飲むことが多いと思いますが、実はお酒を飲んだ後にもコーヒーがおすすめです。

コーヒーを飲むと口の中がさっぱりするだけでなく、二日酔いの予防や解消にも役立ちます。

 

二日酔いの原因は体内に入ったアルコールが、有害なアセトアルデヒドに変化することによっておきます。

時間の経過とともにアセトアルデヒドは無害な物質へと分解されていきますが、お酒を飲み過ぎてしまったり体調が悪かったりすると分解がうまくいかなくて有害な状態のまま体に残ってしまい頭痛や倦怠感など二日酔いの症状の原因となってしまうのです。

 

そんな辛い二日酔いを防ぐためにはコーヒーが有効で、コーヒーにはカフェインのほかにカリウムが含まれており、カフェインとカリウムを合わせて摂ると利尿作用が強く現れます。

そして、尿と一緒にアルコールが排出されることで二日酔いを防ぐことができるのです。

 

注意してほしいのは利尿作用によって体内の水分が失われて一時的に血中アルコール濃度が上昇してしまったり、脱水状態になったりする危険があるので泥酔しているときにはコーヒーを飲まないほうがいいでしょう。

脱水症状を防ぐためにもコーヒーを飲むときには、水分もしっかり摂取しておきましょう。

 

頭痛の解消や肝臓の働きの増進などの効果があり、お酒を飲んだ翌日に二日酔いになってしまってからでも珈琲は症状をやわらげてくれます。

 

コーヒーのカフェインが体にもたらす効果・効能

カフェ

 

コーヒーの中で体に働きかける有効成分として、ストレス解消に効果がある物質の一つがカフェインです。

 

眠気覚ましに利用されることの多いカフェインには疲労感を軽減させる効果もあり、集中量アップや頭痛の軽減などの効果もあるので、仕事中のストレス解消にはうってつけの物質です。

 

ただし、摂り過ぎるとかえって疲労感が強くなったりする副作用が出ることもあります。

たくさん飲めばいいわけではありません。疲れてきたときにカップ一杯のコーヒーを飲んでリラックスするのがおすすめです。

 

コーヒーの有効成分が体に働きかける効果についてはこちらの記事をご覧ください

関連記事

コーヒーにはとても健康的な有効成分が入っていますが、あまり知られていないのは血糖値の抑制効果やダイエットにも効果があるという事実です。 カフェインの眠気覚ましや集中力を増やす効果が注目されていましたが、現在は糖尿病[…]

 

コーヒーの味と香りのアロマ成分が体にもたらす効果

ドリップコーヒー

 

仕事のストレスやリフレッシュにもっとも効果が高いのがコーヒーの味や香りにある成分です。

 

コーヒー独特の苦味、酸味、コクは味蕾(みらい)という舌にある味を感じる細胞を複雑に刺激して脳を活性化させ、仕事などで煮詰まってしまった頭をほぐしてくれるのです。

 

コーヒーに砂糖や牛乳を加えて飲めば、脳に必要な糖分や、カルシウムなどの栄養分を補うこともできますし、コーヒーの香りもストレス解消にはとても役立ちます。

 

あの香ばしい匂いをかげば、誰もが心地よくなる経験はあなたにもあるでしょうし、コーヒーの味は苦手でも香りは大好きと言う人もいるくらいです。

 

この香りをアロマといいますが、コーヒーのアロマには花や柑橘類よりも高いリラックス効果があると言われており体に働きかけるリラックス効果は科学的にも実証されており、実際に脳波を調べると珈琲の香りをかいだ後にはリラックス状態を示すα波が多く確認できるのだそうです。

 

アロマは深煎りのコーヒーのほうがより強くなりますが無理に深煎りにこだわる必要はなく、浅煎りならポリフェノールなど豆本来の健康成分を損なうことなく抽出できます。

 

シャープな味わいも気分をすっきりさせてくれますので好みの焙煎度合いのコーヒーを飲むことをおすすめします。

 

苦味と香りを楽しみたいときには深煎りで、果実のような爽やかな味わいを楽しみたいときには浅煎りといった具合で気分に応じて飲み分けるといいでしょう。

 

湯気を吸い込むようにしてじっくりと珈琲のアロマを楽しむと、よりリラックスできますので、その状態で十五分くらいうとうとと仮眠をとるのもおすすめです。

 

カフェインが体に吸収されだすとその効果で今度は目が覚めてくるので、寝すぎてしまう心配もなくすっきりと疲れが取れます。

 

 

気分転換・二日酔い解消・リフレッシュに効果・効能が高いコーヒーのおすすめ

仕事

 

手軽な気分転換や、二日酔いの予防にはコーヒーが有効で体に働きかける有効成分が多く含まれています。

コーヒーを飲むことで得られる効果や効能はとても大きいです。

 

日常で仕事のストレスは誰しもが抱える悩みで、接待などの付き合いでお酒を飲まなくてはならない機会もあるでしょう。

そんな日常にリフレッシュや気分転換が気軽にできるコーヒーは値段も安くて気軽に楽しめるとてもいい飲み物なので、ぜひいいお付き合いをしていってほしいです。

 

しかしながらコーヒーに含まれるカフェインは妊婦さんなどは体に有害な作用をもたらすことがあるので注意が必要です。

 

カフェインの危険性と妊婦さんにおすすめのコーヒーはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

コーヒーは有効成分が多く入っており、加えて美味しく手軽に取り入れることができる飲み物です。健康に良いし、コーヒーも好きだから1日に何杯も飲んでいる方に知ってほしいのはコーヒーの成分についてです。 コーヒーが好き[…]

 

日常から人生の大切な場面まで、コーヒーと良いお付き合いをしていきましょう。

 

行列のできる香り高いコーヒーを毎月ご自宅で