コーヒーポリフェノールの効果・効能とは?血糖値を簡単に下げることができる抗酸化作用に注目

コーヒーにはとても健康的な有効成分が入っていますが、あまり知られていないのは血糖値の抑制効果やダイエットにも効果があるという事実です。

 

カフェインの眠気覚ましや集中力を増やす効果が注目されていましたが、現在は糖尿病含めて生活習慣病にも効果がある研究結果が出ています。

 

今回は、食後の血糖値を下げるコーヒーを中心に生活習慣病やダイエットにどうして効くのかをわかりやすく解説します。

 

コーヒーマシンが無料【ネスレ日本公式】



 

コーヒーポリフェノール体への効果!むくみの解消やダイエットにも最適

ダイエット

 

コーヒーの効果の中で注目されているのが利尿作用です。

利尿作用と言われてもどのように活かしたら良いのかと言うと、むくみやアルコールの分解を助けるという悩みを解消してくれます。

むくみやすい女性やお酒が大好きな方にはとてもうれしい効果ですね。

 

このコーヒーがもたらす効果は、カフェインを摂取することで腎臓への血流が良くなります。

腎臓に運ばれる血液量が多くなればなるほど多くの尿を作り出す作用があり体内にある無駄な水分を排出させる効果があるからなのです。

 

普段から食べ物を食べてもむくみやすい人は、食事と一緒にコーヒーを摂取することで無駄な水分が体内に残る症状を緩和させることが出来ます。

 

そのほかにもコーヒーを飲むことで得られる大きなメリットとして肝臓への血流も良くなります。

コーヒー自体が肝臓の脂肪の分解速度を早める作用も持っているので、肝臓の負担が減ります。

その結果、アルコールの分解速度が早くなるため二日酔いになりにくくなります。

 

コーヒーに含まれるクロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)が抗酸化作用もつことから、糖尿病にも効果があるということもわかってきました。

ダイエット効果もあるだけではなくて、こうした生活習慣病の予防にも珈琲は注目されているのです。

 

コーヒーポリフェノールの体への健康効果

  • 無駄な水分が排出されるのでむくみが取れやすい
  • 利尿作用がアルコールの分解を助けてくれるので二日酔いにも効果的
  • お酒を飲んだ後に珈琲を飲むことで肝臓の負担も減る
  • ダイエット効果、生活習慣病の予防

 

コーヒーのダイエット効果

関連記事

以前「バターコーヒー」のダイエット効果についてご紹介しましたが、成果のほどはどうでしょうか?今回は筋肉量を落とさずに健康的に痩せることができる【カフェテイン】の紹介です。バーターコーヒーでは置き換えダイエットでしたが今回の【[…]

スムージーより低糖質、プロテインより低カロリー



コーヒーポリフェノールの効果!血糖値を下げるにはブラックで飲む

コーヒー

 

生活習慣病に効果があるコーヒーの飲み方は、注意点が必要です。

飲むコーヒーの飲み方や種類を間違ってしまうとかえって生活習慣病への道を進めてしまう事になります。

 

コーヒーポリフェノールの効果を得る正しい飲み方

飲み方でどんな健康効果でも、ブラックコーヒーを飲むことがポイントです。

コーヒーの健康効果があるとはいえ、糖分や牛乳で割ること、ミルクを入れてしまうとその効果は意味がなくなってしまいます。

 

特に、ガムシロップはアスパルテームが含まれていることもあり、かえってインスリンの分泌を促進してしまうため、糖尿病の症状が悪化してしまうことになります。

そのため、苦いブラックコーヒーが苦手な人は薄めたりする、食事で甘いものと一緒に食べて、飲むという工夫をすることをおすすめします。

 

コーヒー単体で飲みやすさを追求してしまうとその健康効果は半減してしまいます。

 

 

コーヒーポリフェノールの適量とコーヒーを飲むタイミング

二日酔い

 

糖尿病や高血糖、高コレステロール予防なら、食事中もしくは食後に飲むのが効果的です。

カフェインは胃酸の分泌を良くする効果があるので、空腹の場合胃壁があれてしまう体質の方がいるためおすすめできるタイミングではありません。

 

食後に飲むことで、体内に入っている血糖に直接働きかけ、急激な高血糖の抑制に働きます。

脂質がある場合はクロロゲン酸がこの時点で代謝分解に関わる肝臓やミトコンドリアへ運ばれるのです。

 

アルコールの分解を促進させる場合は、同時、もしくは飲んだ後に飲むのがポイントです。

注意点はアルコールもカフェインも胃酸分泌をよくするので、夜飲む場合はノンカフェイン珈琲がおすすめです。

また、酔い覚ましに翌朝に飲むのも利尿作用もあり、二日酔い解消にもつながるのでおすすめします。

 

ダイエット効果で飲む場合は、利尿作用や血行促進作用を最大限に活かすため運動をする前に飲むのが効果的にダイエットができるのでおすすめしています。

しかし、運動をすることによって汗をかく場合もあるので水分補給は普通の水をしっかりと摂取するようにしましょう。

スポーツ飲料は糖分が多く入っている為かえって効果がなくなってしまいます。

 

コーヒーを飲む適量は一日に2杯以上で飲み方はブラックコーヒーが体への働きが1番期待できます。

短時間のがぶ飲みは有効成分や水分も早く排出されてしまいますので、時間を開けて摂取することが大切な点になります。

 

ゆっくり飲むことで、長時間クロロゲン酸やカフェインがある状態を保つことが大切になります。

 

コーヒーポリフェノールの適量と効果の高い飲むタイミング

  • 生活習慣病の予防は食事中もしくは食後に飲む(急激な高血糖の抑制)
  • アルコールを飲んだ後は、夜にノンカフェインコーヒーを飲んで朝に二日酔い対策に飲む(アルコールの分解を促進)
  • ダイエット効果を期待する場合は、運動前に飲む(利尿作用や血行促進作用)
  • 1日に2杯以上のブラックコーヒーが体への働きを最大限に発揮できる

 

コーヒーポリフェノールの効果・効能の抗酸化作用で簡単に生活習慣病の予防

生活習慣病

 

コーヒーには生活習慣病を助ける有効成分が多く含まれています。

カフェインは必要以上に摂取した水分の排出する利尿作用

血流を良くすることによって肝臓のアルコール分解速度を早くする作用があります。

 

cクロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)には、肝臓や内臓周辺の脂肪分解促進作用や抗酸化作用があります。

このため、血液の質を良くする作用から総合的に生活習慣病を遠ざけるのです。

 

急激な糖分の吸収を減らす作用も持っているので糖尿病にも効果があるという結果が出ています。

コーヒーの効能を最大限に活かすポイントは、無糖のブラックコーヒーで飲むことが大切で、コレステロールの数値や糖尿病対策の場合は、食事中、食後に飲むのがポイントです。

 

また、アルコールの悪影響を避けるなら食後でノンカフェイン珈琲を飲む、翌朝普通のブラックコーヒーを飲むのが良いタイミングです。

前もって血液中にカフェインとクロロゲン酸があることで、体の糖や脂質、アルコールの吸収をより良い状態で代謝分解を進めてくれます。

 

コーヒーには嗜好品という面以外にも健康面やアルコールの分解、ダイエット効果などさまざまな体への健康的な働きをすることがあるので毎日の楽しみとして、1日2杯のブラックコーヒーを飲んでみてください。

コーヒーマシンが無料【ネスレ日本公式】