コーヒー豆の焙煎度合いの違い!ローストの特徴とおすすめの豆とは?

コーヒー豆をおうちで焙煎してみたい!と思ったあなた、是非自家焙煎にトライしてみましょう。

これから自家焙煎を始めるに当たって、実は焙煎には段階があり、それぞれに名称・味・香りの特徴があるのをご存知でしたか?

 

焙煎の時間に比例してコーヒー豆は浅煎り→中煎り→深煎りと変わっていきます。

そして苦味、酸味はもちろん、甘みや舌触りのなめらかさ、バランスの良さなども変化します。

 

焙煎度を知って実際に自分で焙煎してみると、「焙煎によってこんなに味が違うのか!」と感動しますよ。

 

今回はコーヒー豆の焙煎度合いによる名称や特徴を解説します。

合わせてこの焙煎度合いにおすすめな豆はこれ!というのも紹介していきますので、気になる豆があったらチェックしてみてください。

 

  • コーヒー豆は焙煎度合いの違いで味に変化が生まれる
  • 酸味、苦味、甘みなどそれぞれの特徴を知ると、自分好みの味を探しやすくなる
  • それぞれの焙煎度に合うコーヒー豆を選ぶ
  • 自家焙煎は手網で行うやり方もある

 

目次

普段飲んでいるコーヒーは生豆を火で煎ったもの!焙煎を通して味に変化が起こる?コーヒー豆の焙煎度合いの名前・種類・特徴について

いつも私達が飲んでいるコーヒーは、コーヒーの果実から取れた緑色の豆(生豆:なままめ)を火で煎ることで、あの茶色のコーヒー豆になります。

この火で煎ることを「焙煎(ばいせん)」と言います。

コーヒー豆は焙煎することで豆の持つ酸味、苦味、甘みなどがじっくりと引き出されていくのです。

 

ここでどんな種類のコーヒー豆が焙煎されているのかについては、別記事にて紹介しています。

 

コーヒー豆にはシンプルに3種類しかありません。

でもそこから味に広がりをもたせるのは、次に紹介する焙煎度合いが深く関わってくるのです。

コーヒー豆の焙煎度合い(ロースト)は浅煎りから深煎りまで8段階あり名前がついている

 

基本的な焙煎度合い(ロースト)は浅煎りから順に以下の8段階に分けられています。

ライトローストが1番浅煎りでイタリアンローストが1番深煎りとなっています。

  1. ライトロースト(Light roast)
  2. シナモンロースト(Cinnamon roast)
  3. ミディアムロースト(Medium roast)
  4. ハイロースト(High roast)
  5. シティロースト(City roast)
  6. フルシティロースト(Fullcity roast)
  7. フレンチロースト(French roast)
  8. イタリアンロースト(Italian roast)

 

1のライトローストはアーモンドのような明るい茶色ですが、5のシティローストは暗めの茶色になり、8のイタリアンローストはほぼ黒に近い色です。

 

コーヒー豆の焙煎度合い(ロースト)で苦味や酸味はどう変わる?各段階ごとに特徴や味わいをわかりやすく解説

ローストの違いによる、淹れたときのコーヒーの苦みや酸味の違いは、焙煎時間が短い(浅煎り)と酸味が強く、焙煎時間が長い(深煎り)と苦味が強く出ます。

 

焙煎時間が長いほど焦がすようなイメージがあり、苦味が強くでるというのはなんとなくわかりやすいですね。

では、ここでちょっと問題です。

コーヒーに含まれるカフェインは、浅煎り〜中煎り〜深煎りの中でどれが一番多く出ると思いますか?

 

実は・・・「浅煎りが一番カフェインの量が多い」のです。

というのもカフェインは高い熱に弱いため、焙煎時間がながければ長いほど量も少なくなってしまうのです。

 

深煎りの方が苦味が強い=カフェインも多いと思ってしまいますが、そうではないのですね。

 

では次に各焙煎ごとの味を見てみましょう。

 

【コーヒー焙煎度合い】ライトロースト(Light roast)の特徴と味わいとは?

苦みが少なく酸味が非常に強いため、コーヒー輸出国の品質検査で行われるカッピングテストなどで使用されています。

 

この焙煎度合いは今までほとんどの店頭で目にすることがありませんでした。

いわゆる「コーヒーの香り」もわずかで生豆っぽさがまだ残っているからです。

しかし、最近はサードウェーブコーヒー(ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるスタイル)で注目されて、飲む人が増えてきています。

 

酸味が非常に強く、さっぱりとした後味です。

 

【コーヒー焙煎度合い】シナモンロースト(Cinnamon roast)の特徴と味わいとは?

ライトローストの次に浅煎りなシナモンローストは、色がシナモンに似ていることから名付けられました。

こちらもライトローストと似ていますが、口当たりがよい酸味に変化しています。

まだまだ酸味を十分感じられる段階ですので、高品質な豆であるほどキレのある酸味を楽しめます。

 

【コーヒー焙煎度合い】ミディアムロースト(Medium roast)の特徴と味わいとは?

このあたりから浅煎りではなく中煎りという分類に入っていきます。

色は薄い茶色で、別名アメリカンローストとも呼ばれ、アメリカンコーヒーを淹れるのに最も適した焙煎度合いです。

 

酸味がはっきりと感じられ、ライトローストやシナモンローストには感じられなかった苦味もほんのり味わえます。

酸味、甘み、苦味のバランスが特徴的です。

 

ミディアムローストで自家焙煎する時は、1ハゼ(ぱちぱちという音)が終わった段階を目安にしてみてください。

 

【コーヒー焙煎度合い】ハイロースト(High roast)の特徴と味わいとは?

ミディアムローストに比べると、苦味をよりはっきりと感じられます。

市販のコーヒー豆は、酸味と苦味のバランスが良いハイローストが一般的です。

 

深煎りの特徴である強い苦味ではなく、柔らかくて口当たりがよい苦味を楽しめます。

酸味よりも苦味の方が好きだけれども、あまりにも苦いのはちょっと・・・というときにおすすめです。

 

【コーヒー焙煎度合い】シティロースト(City roast)の特徴と味わいとは?

こちらは苦味にコクを感じられます。

コーヒーのコクは「ボディ」とも呼ばれ、苦味や酸味がしっかりと感じられる濃厚さを意味します。

シティローストは酸味と苦味のバランスがよい状態です。

 

自家焙煎のときは、2ハゼが始まったくらいで焙煎をとめます。

 

余談ですが、「シティ」はニューヨークシティからきたそうです。

 

【コーヒー焙煎度合い】フルシティロースト(Fullcity roast)の特徴と味わいとは?

徐々に酸味が少なくなってくる焙煎度合いです。

酸味よりも苦味の方がよく分かります。

 

香りも香ばしく、豆は黒っぽい茶色に変化していきます。

 

焙煎するときの目安は、2ハゼに入ってピークに達した時くらいで焙煎を止めてみてください。

 

アイスコーヒーやエスプレッソにも使われ、炭火焼きコーヒーもこのフルシティローストが使われています。

 

【コーヒー焙煎度合い】フレンチロースト(French roast)の特徴と味わいとは?

ミルクが好きな人におすすめな焙煎がこのフレンチローストです。

苦味がかなり強くでるため、カフェオレなどのミルク系にとても合います。

甘いお菓子にも合いそうですね。

 

香りも香ばしさを全面に感じられるので、味とともに香りも楽しめます。

 

【コーヒー焙煎度合い】イタリアンロースト(Italian roast)の特徴と味わいとは?

焙煎度8段階の最後は、強い苦味と濃厚なコクが特徴のイタリアンローストです。

酸味はほとんど感じられないため、酸味が苦手な人にもおすすめです。

最も深い煎り方なので、エスプレッソやカプチーノなどによく使われます。

 

豆はほぼ黒に近い茶色で、豆の表面には油脂成分が浮いてきます。

そのため、こってりとした味わいを楽しめます。

 

香りはスモーキーな香りがあり、アウトドアにもおすすめな焙煎度合いです。

コーヒーの焙煎度合いごとにおすすめな豆を紹介!あなたの好みに合った味を探そう

それぞれの焙煎度合いの味や特徴がわかったところで、今度はおすすめの豆や美味しく飲めるアレンジを紹介します。

それぞれの特徴に合うコーヒー豆がどのようなものかを知り、あなたのお好みの豆を探してみてください。

 

シナモンローストの焙煎度合いのコーヒーにはアフリカの産地でとれた豆がおすすめ

シナモンローストのような浅煎りには、乾燥した地域(アフリカ系)で育った豆がおすすめです。

アフリカ産地の豆は柑橘系のようなフルーティーな味わいが多くあります。

浅煎りによって酸味を美味しく味わえます。

 

ミディアムロースト・ハイローストの焙煎度合いのコーヒーは、ほぼどの豆でもおすすめ

酸味と苦味をバランスよく味わえるミディアムローストやハイローストは、大体の豆を美味しくいただけます。

キリマンジャロ、モカ、ハワイコナなど、なにも入れずにシンプルに味わう豆がおすすめです。

ミディアムローストはストレートなブラックがおすすめですが、ハイローストならミルクや砂糖とも相性がよいものです。

 

好きな味の豆を手に入れたけど、焙煎はどうしよう・・・と悩むときはとりあえずバランスがとれたミディアムやハイローストがよいでしょう。

 

シティローストやフルシティローストの焙煎度合いのコーヒーには甘みも感じられる豆がおすすめ

酸味が弱まって、ほのかな甘みが感じられるシティローストやフルシティローストは、ブラジル、グァテマラ、マンデリンなどがおすすめです。

 

コーヒーの上に生クリームを乗せるウィンナーコーヒーや、ミルクたっぷりのカフェラテ・カフェオレがおすすめです。

 

他にも「カフェ・カーダモン」といって、北ヨーロッパで飲まれているパンチのきいたコーヒーにも、このシティローストやフルシティローストで焙煎した豆がおすすめです。

 

フレンチロースト・イタリアンローストの焙煎度合いのコーヒーはアイスコーヒーなどにおすすめ

スパイシーな印象があるこの2つは、ハチミツやメープルシロップとも相性がよいです。

エスプレッソに甘めの甘味料を入れても美味しいですね。

 

アイスコーヒーにすると少し味が薄くなってしまう印象がありますが、このフレンチローストやイタリアンローストにすれば、ガツンとした濃厚さがあるので問題ありません。

 

マンデリン、キリマンジャロ、ブラジル系やケニア系のコーヒー豆が合います。

コーヒー豆の自家焙煎の始め方とは?生豆の購入方法・必要な道具・やり方について

コーヒー豆を自家焙煎するなら、まず生豆を手に入れないと始まりません。

 

生豆は珈琲店の店頭やネット通販で購入できます。

 

生豆が手に入ったら次はいよいよ自家焙煎です。

自家焙煎の行い方には種類があり、どの方法をとるかによって必要な道具が変わってきます。

コーヒー豆の自家焙煎で使用する道具の種類!自宅で出来る手綱焙煎とは?

自家焙煎に使用する道具はいくつか種類があります。

  • 手網で焙煎する
  • フライパンで焙煎する
  • 「焙烙(ほうろく)」で焙煎する
  • ドラム式ロースターで焙煎する
  • 電動式ロースターで焙煎する

 

フライパンで焙煎する方法については別記事にて紹介していますので参考にしてみてください。

 

ここでは手網焙煎について紹介します。

コーヒー豆の手網焙煎によるロースト方法とは?

手綱焙煎によるロースト方法を始めるのに用意する道具は以下の通りです。

  • 手網(銀杏を煎る手網など)
  • コーヒー生豆(手網のサイズによるが大体100g〜150g前後)
  • 粗熱を取るためのざる
  • 豆を冷やすための団扇や扇風機

 

あると便利な道具として、アルミホイルを用意しておくとよいでしょう。

焙煎するとコーヒー豆から「茶布(ちゃふ)」という薄い皮がいっぱい飛び散ります。

特にフライパンよりも手網の網の目からどんどん茶布がでてきて、ガスコンロの周りが茶布だらけになります。

予めアルミホイルを敷き詰めておくと、あとの掃除が楽です。

 

手綱焙煎用の道具がそろったら、以下の手順でコーヒー豆の焙煎してみましょう。

 

  1. 不良の生豆(虫食い、カビ、混入物など)を取り除く
  2. お湯で汚れを落とす
  3. 手網に豆を入れる
  4. ガスコンロの火をつけて30cmほど火から離して豆を温める
  5. まんべんなく火が通るように手網を左右水平に振り続ける
  6. 少しづつ火に近づけていくと音がする(1ハゼ)
  7. 1ハゼ後で焙煎を止めれば浅煎り、2ハゼ目以降は中煎りと深煎り
  8. お好みの焙煎度で火から外してすばやく冷却(パッドなどに広げて団扇や扇風機で冷やす!)

 

2ハゼ目終了後、火をとめずに焙煎し続けるとまっ黒焦げの炭になってしまいますのでご注意ください。

また、お好みの焙煎レベルになったら、すぐに火からおろしてすばやく冷却することが大事です。

そのままにしておくと余熱で焙煎度が進んでしまうからです。

 

焙煎した豆はすぐに挽いてコーヒーを淹れてもいいのですが、一日おいておくとガスが抜けて落ち着くので、2日目以降が良いでしょう。

 

コーヒー豆の焙煎度合いごとの特徴を知って、好きな味を見つけよう

 

今回は、焙煎度合いによってコーヒーの味に広がりができることを紹介しました。

特徴がそれぞれあって、それに合う豆も色々あるのが面白いですよね。

 

酸味が強い方がお好きな人もいれば、深煎りでコクのある味が好きな人いることでしょう。

浅煎りのフルーティーで爽やかな余韻を楽しんだり、スモーキーな香りと味わいを、美味しいお菓子と一緒に楽しむこともよいですね。

 

焙煎度合いを知ることで、もっとコーヒーの時間が楽しくなります。

是非お好みの焙煎度を見つけ、また自家焙煎にもチャレンジしてみてください。

あなたが自身で焙煎した豆を使って作るコーヒーは格別なものとなりますよ。