コーヒーによる歯の黄ばみとその着色!汚れの原因とステインの落とし方や対策

コーヒーは大好き、よく飲みたいけど自分のきれいな歯に茶色い色がついて色素沈着に悩まされている方は意外と多くいます。

知らない間に、普段の習慣でついてしまった色素沈着を落とすのも大変ですが、ちょっとしたことで、その色素沈着の対策をすることは可能なのです。

今回はそんな、コーヒーによる色素沈着の原因と対策と予防に関してわかりやすく解説します。

  • 黄ばみや黒くなる原因はコーヒーに含まれるタンニン
  • ホワイトニング用の歯磨き粉を使うことで黄ばみや黒ずみを消すことが可能
  • フッ素配合率が高いものを利用することで予防も出来る
  • コーヒーを飲んだ後は水を飲む習慣をつける
  • ガムを噛むことでステインができにくい


コーヒーを飲むと歯の黄ばみや黒くなるのが気になる!その着色・色素沈着の原因とは?

人間の歯の色素沈着の原因は、食べ物に含まれている色素成分が歯の表面の凸凹についたあと長時間いる状態が続くことで起こります。

コーヒーの場合は、タンニンと呼ばれる成分で、コーヒーの旨味成分でもあり、摂取することで健康効果もある物質です。

 

コーヒーを飲むことでの着色や、色素沈着になる原因はコーヒーの飲む頻度も大きな関係を持っていますが、実は何気ない生活習慣も大きな関係を持っています。

コーヒーを飲むタイミングや日頃行っている歯のケアといったこと、他に習慣で食べている食べ物によってもなりやすい、なりにくいが出てきます。

 

色素沈着や黄ばみで悩んでいる場合は、まずはコーヒーを飲む頻度を見直すのではなく、できやすい生活習慣やタイミング、食べているものを把握すること大切です。

見直す前に、コーヒーを飲んだあとの行動を把握することが大切です。

 

コーヒーによる歯の色素沈着や着色の対策!黄ばみを落とすステイン用のホワイトニング歯磨き粉を利用する色の落とし方

コーヒーによる歯の着色や色素沈着の対策で、有効なのはステイン用の歯磨き粉や歯をケアする商品を状況に応じて選ぶことが大切です。

歯の汚れがついてしまって、研磨で落としたい場合はステイン用のケアや研磨剤が入っている商品を使用することがおすすめです。

 

黄ばみや着色を落とすことに特化した商品が販売されていますが、汚れをつきにくくするには、フッ素が配合されている商品を選ぶと、対策をしつつ予防をすることができます。

歯の表面に歯垢が残っていると、ステインの原因になります。

普段の歯磨きを丁寧に心がけることで歯の色素沈着や着色を防ぐことができます。

プラークチェッカーをたまに使うことで、表面が綺麗な状態を週1回でも良いので保つことが大切です。

 

ステインができる原因は、歯の表面に長時間タンニンがある状態が続くことで発生します。

なのでコーヒーを飲んだあと水を飲むことで、口の中のタンニンをなくすことで着色や色素沈着の対策になります。

コーヒーを飲んですぐに飲まなくても5分後や10分後水分補給の一環で習慣にするとかなりの効果を実感することができます。

喫茶店などではお水も一緒に出してくれるところがほとんどなので、対策はしやすいでしょう。


コーヒーによる歯の色素沈着や着色の予防方法!日ごろのケアやガムを噛むことでステインを防ぐことができる?

普段の何気ない習慣やタイミングを意識したり、食べ物を意識すると歯の着色や黄ばみを予防することができます。

最初に、使用する歯磨き粉をフッ素配合が高いものを使うことが大切です。

 

フッ素は歯の表面に膜を作ることでステインとタンニンが直接触れ合う状態をなくすことができるため、色素沈着や着色自体を防ぐことができます。

綺麗な歯の状態でフッ素歯磨き粉を使用しないと効果が無いため、色素沈着の程度がひどい場合は、研磨剤でまず落とすことが大切です。

 

次に、コーヒーを食事の際にサラダの前や食物繊維を同時に取ると、ステインを防ぐ事ができます。

これは、食物繊維自体が歯の表面のタンニンの付着を防ぐことができる効果を持っているからです。

 

そのほかにもコーヒーを飲む以外にガムを噛む習慣を持っている人は、ステインができにくいと言われています。

これは、人間の唾液が歯垢の生成を防ぐと共に、タンニンが歯の表面に居座る時間が短くなるためです。

唾液を出す量が多くなることでステインの生成を防ぐことができますのでおすすめです。

 

最後に夜、コーヒーを飲む場合は唾液の分泌量が睡眠時だと減少するためステインの発生の原因になります。

カフェインレスコーヒーにもタンニンは入っているため、放置すると発生してしまいます。

そのため、夜にコーヒーを飲んだ場合は水分を摂るか口を濯ぐ習慣を作ることで歯の黄ばみや黒ずみの予防をすることができます。

 

コーヒーによる歯の着色・色素沈着は消すことができる!歯への影響を考えずに安心して楽しめるよう日頃のケアを大事にしよう

 

コーヒーを飲むことによって発生する、ステインによる歯の着色や色素沈着は、コーヒーに含まれているタンニンが口の中の歯の表面に長時間いることで発生します。

そのため、防ぐにはコーヒーを飲む以外の生活習慣を見直す事が大切です。

 

歯磨きによる歯の表面の歯垢を取り除く、口内環境を良くすることはもちろんで、歯垢ができている環境はステインができやすいのでしっかりと対策をすることが大切です。

ステインができやすい生活習慣は唾液の量が少なくなる夜就寝前にコーヒーを飲むこと、コーヒーを飲んだままそのままにしておくことです。

水を飲んだり、ゆすいだり、食事でも歯をきれいする食物繊維と一緒に摂ったりする、ガムを噛むと言ったことでも簡単に予防することができます。

 

せっかくの大好きなコーヒーを飲む回数を減らす前に、こうした要因を取り除く・改善することで毎日のブレイクタイムによって歯の心配をすることがなくなるので、ぜひ不安の無い時間を過ごしましょう。